男性保育士の存在と問題

Handmade Lace Paper

男性保育士について

男性保育士は現在、あまり珍しくない存在となりました。だいたい保育所に一人や二人保育士さんがいることもありますし、女性ばかりの社会というイメージも、少しずつ消えていっているのではないでしょうか。また、たとえばこれまでは女性だけで何とかやってきたことでも、男性が加わることによって優位に運ぶことができる仕事も増えたはずです。もちろん体力のいるような力仕事も多いですし、女性視点では気づかなかった、男性ならではの考え方が役に立つこともあるからです。これまで女性ばかりだったからこそ母親目線になっていたのに対し、男性職員が加わることで、父親目線、あるいはお兄ちゃん目線となって話すことができ、父兄の相談役としてかつやくできることもあるでしょう。このように男性保育士は今となっては保育所で重要な役割を担っています。

しかしながら、男性職員はそうした重要な役割を担う反面、問題点も多くあります。いちばん大きな問題点は、経済的なところでしょう。保育士はもともと給料も少なく、重量道であることで知られています。一般的な会社のように出世していくことも難しいでしょうし、やりがいだけでは耐えきれないところも。一家の大黒柱としては、厳しい状況を強いられるかもしれません。共働きが必須といえるでしょう。

このように保育士の仕事は、やりがいがあるのはよいですが、今後も改善の余地のあることばかりです。保育士だけではなく、その知識をいかして講師をしたり発信者になったりする人もおり、保育士以外の収入を求めることも。男性保育士のやりがいや課題を見ていきましょう。

コンテンツ

Copyright©2017 男性保育士の存在と問題 All Rights Reserved.