男性保育士の存在と問題

男性保育士に求められること

男性保育士の存在は、保育の仕事をよりスマートにしてきたのではないでしょうか。男性職員にしか求められないことは多くあり、それをこなすことには確かに需要があります。いちばん大きな需要は力仕事や汚れ仕事です。女性の手には負えないことを、男性が代わりにやってくれるのであれば大変心強いでしょう。体を思いっきり動かすスポーツをしたり、重い荷物を持ってくれたり、大きなバスを運転してくれたりと、活躍の場はどんどん広がっていきます。また、防犯という面でも男性がいることは大変ありがたいはず。男性の力がいることが、保育園には意外と多いのです。

また、子供たちと遊ぶときにも男性ならではの力が大切になります。男性は楽器が弾ける人も多いですから、たとえばピアノだけでなくギターを弾いたりして、子供たちを楽しませてくれることがあります。さらには、男の子たちがトイレに行ったり、何かしらやり取りをするときは男性の先生がついていってくれたりした方がありがたいことも。女性は男性トイレに入れませんから、男の先生がいるとこうしたことでも助かるのです。

このように男性保育士は実際保育の現場ではさまざまなことが役立ちます。面接などに行くときは、こうしたことをどんどんアピールするべきでしょう。

Copyright©2017 男性保育士の存在と問題 All Rights Reserved.